有料老人ホームとは

有料老人ホームは3種類に分かれています。

健康型有料老人ホーム

食事や日常生活に必要な対応を提供するものです。
株式会社や医療法人などの民間事業者によって運営されます。
ホテルのような豪華なつくりで、レストランや温泉などがある場合も。
介護不要の自立生活者だけを入居対象にしています。
そのため、介護が必要になった場合が退去条件となる施設もあります。
ただし、特定施設指定なら、職員による介護も受けられます。
費用に関しては、非常に高額な施設が多く、一億円近いものも存在します。
サービスの内容に関しては、茶道、レクリエーションの面に
力を入れているところもあります。
食事や掃除などを職員が行うため、趣味に時間を注ぐこともできます。
緊急時においても施設の職員に対応してもらえます。

住宅型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームと同様、食事や日常生活に必要な
対応を提供するものです。
また、介護が必要になった場合は、訪問介護や、訪問看護、
通所介護などのサービスを、外部の介護事業者と契約して受ける事ができます。
食事や相談、緊急時の対応などのサービスの提供を受けられます。
護サービスの立案や提供は外部事業者を利用します。つまり、要介護認定を
受けた場合、自分で計約した外部事業者の居宅サービスを利用しながら暮らす
ことになるのです。 住宅型においは、介護を受ける場合、外部の事業者を利用することになります。
それによって自分にあった最適なサービスを選ぶことができます。
特定施設指定がされている場合、要介護認定を受けて入れば一定の自己負担が発生します。
かし、住宅型の場合は特定施設指定を受けておらず、要介護認定を受けていても
どれほど介護が必要でなければ、より低い負担で抑えることができます。
しかし、介護度が重くなったり、認知症が進むと退去の可能性もあります。
要介護度5で介護保険を最大まで使用した場合、自己負担は約3万6千円となります。

介護付有料老人ホーム

「介護保険の特定施設の指定を受けたもの」です。
「特定施設入居者生活介護」の認定を受けています。
「特定施設に入居している要介護者について、当該特定施設が提供するサービスの内容、
これを担当する者その他厚生労働省令で定めるもの、機能訓練及び療養上の世話」とされています。
有料老人ホームが提供する介護や食事などのサービスを利用しながら、施設で生活を
継続することができます。

24時間体制で介護スタッフが常駐し、ケアマネージャーの介護サービス計画に沿って、
食事・入浴・排泄などの身体介護や、掃除・選択などの生活援助をはじめ、
健康相談やリハビリ・レクリエーションなどの介護サービスを行います。

機能訓練や、療養上の世話をしてもらうことができます。